HISTORY

REFUSEというチームで制作に取り組む事を主とし、
創作された画や立体を元に使用する素材や
全体の組み合わせバランス・仕上げの方法を決め、
根幹にあるカルチャーやプロダクトの向かう先が共通意識として存在する様に
[BEAST HATE]の制作は進められています。
自分達のような創り手にとって完成が待ち遠しくなるようなプロダクトが、
使い手にとっても優れたプロダクトであるように。

ストレートに強く響くデザインと物創り。
奇抜なデザインやテーマに縛られた創作よりも、定番といわれる様なモチーフに
自分達の好きなカルチャーを投影する事で生み出すスタンダードなバランス。
物・音・人・空間・・・自分達が受ける刺激が物創りに反映される様に
[BEAST HATE]のアイテムが手にした人に刺激を与え、
其処から新しいスタンダードが生まれる。


DESIGN & PRODUCT : REFUSE
DIRECTION : Tomoki Takacho